スポーツ整形外科

スポーツ整形とは

スポーツ整形とはスポーツをしていると、思わぬケガや故障を起こすことがあります。スポーツ整形では、スポーツに関わるケガや故障などを幅広く診療します。
もちろん、スポーツといっても様々あり、競技によって起こり易い障害も異なります。
スポーツ選手にとって、障害が生じた際に大きな問題となるのは、治療している間に落ちてしまう筋力や体力の低下などです。当院では、スポーツ整形の臨床経験が豊富な整形外科認定医による診療と、理学療法士などのスタッフがしっかりと連携をとってリハビリや運動療法プログラムなどの豊富なメニューをもって、総合的にスポーツによる外傷や故障からの復帰までサポートしています。少しでも関節や筋肉などに違和感を覚えたり、痛みが走ったりするようなことがあれば、我慢せずいつでも当院までご相談ください。

スポーツ外傷の予防

筋力と柔軟性の強化

専門的なメニューによって、通常のトレーニングでは鍛えることのできない筋肉のバランスを整え、柔軟性を高め、体の可動域を拡げる為の指導を行います。これによって、筋肉や関節など特定の部位にアンバランスな力が加わることを予防し、怪我や故障のリスクを減らします。

ウォーミングアップ

運動を始める前の準備は大切です。怪我を防止する為に、まず関節や筋肉のストレッチを行って柔軟性を高める為、正しいウォーミングアップの方法を指導します。

フォーム矯正

無理なフォームでの運動は、筋肉や関節への負担が大きくなります。正しいフォームを身につけて故障のリスクを減らしましょう。

水分補給

水分をこまめに補給しなければ、熱中症を発症するリスクはもちろんのこと、体力や集中力の低下から思わぬ怪我などにも繋がります。運動中はのどが渇く前にこまめに水分を補給しましょう。

オーバートレーニング予防

トレーニングは大切ですが、過度なトレーニングは故障の原因になります。適切に小休止をとりながら、適切な時間、適切な負荷でのトレーニングが大切です。

クールダウン

トレーニングや試合後、体や心の興奮を冷ます時間をとり、疲労や負荷などをできるだけ残さないようにすることが大切です。

スポーツ別の故障

野球

野球で障害が起こりやすい部位としては、肩や肘、腰や背骨、膝や手の関節などですが、ポジションによって故障の部位や内容が大きく変わってくるスポーツです。
特に投手は投げ過ぎによる肩などのオーバーユース、投手や打者は無理のあるフォームによる故障が多い傾向があります。
野球選手に特徴的な障害としては、投球の負荷によって、骨同士がぶつかってしまう等、関節の軟骨や靭帯に負荷がかかることで痛みが生じる野球肘、全身の力を投球動作に込めることによって肩関節に大きな負担がかかり生じる野球肩、疲労骨折などがあります。
野球肘としては、離断性骨軟骨炎、内側側副靱帯損傷、上腕骨内側上顆裂離骨折などがあります。また野球肩としては腱板損傷、骨と骨がぶつかって損傷を起こすインピンジメント症候群、肩関節に上腕二頭腱が接合する部分に負担がかかり関節唇が傷ついて起きるSLAP損傷、投球動作の投げ終わり時の負荷によって肩関節後方が痛むベネット損傷などが主なものです。

サッカー

サッカーの場合、まずは足の故障が多いです。急に走り始め、急に止まる、ステップを踏む、スライディングをするなど、負荷がかかる動作が多く怪我や故障が起こったシチュエーションを踏まえた上で治療を行うことが大切です。
足の故障としては、大腿部の肉離れ、膝前十字靱帯損傷、足関節捻挫、インステップキックなど無理な方向に関節を曲げることで生じる足関節インピンジメント症候群、足の小指側に生じる特殊な疲労骨折である足ジョーンズ骨折などがあります。

バレーボール

連続してジャンプし続ける競技という特徴から、ジャンプ時に使う膝、腰、背中などの筋肉や骨、神経の損傷や、着地の際の負担による故障など、同じ動作の繰り返しによる慢性的な故障やパスやレシーブの際の突き指などが特徴的です。
また、アタックやサーブなどの動作では肩や手首への負荷が強くかかるため、利き腕の故障も増えます。
ジャンプ動作での負荷や衝撃を見るために、使用しているシューズなどを確認することもあります。
主な故障としては、足関節捻挫、膝蓋腱炎(ジャンパーズ・ニー)、腰痛、肩関節が不安定になってしまうルーズショルダー(動揺肩)、手関節捻挫、突き指などがあります。

バスケットボール

突然のダッシュや停止、ステップを踏む、ジャンプを繰り返すなど、足首、膝、腰などに負荷がかかりやすく、また選手同士の接触による怪我、特にジャンプした空中の接触による怪我の影響も多いのが特徴です。
主な故障としては足関節捻挫、膝蓋腱炎(ジャンパーズ・ニー)、膝半月板損傷、膝前十字靱帯損傷などの膝の故障、腰痛などがみられます。

テニス

短い距離をダッシュして急に停止したり、ステップを踏んだり等の激しい動作、全身を使った力を肩から手首にかけて伝えるサーブ、ハードコートの負荷などによる負担が多く、全身、特に足から腰、利き手側の肩・肘・手首などに故障を起こしやすいのが特徴です。
起こりやすい障害としては、テニス肘、肩の骨の衝突で起こる肩インピンジメント症候群、手首の三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷、テニスレッグ(腓腹筋の肉離れ)、腰椎分離症などです。

水泳

水泳は、よくリハビリで推奨されるなど、ゆったりと行う分には体のバランスが良いスポーツですが、競技としての水泳はトレーニングが激しく、オーバーユースによる故障が多くなります。浮力によって荷重がかかりにくく、水中にいることが多いため体が冷やされ、炎症を感じにくいため、悪化するまで気づかないことが多いという特徴があります。
主な障害としては、肩のつけ根の上側にある肩峰の下部で障害がおこる肩峰下インピンジメント症候群や肩峰下滑液包炎、腱板損傷や関節唇損傷などの水泳肩、平泳ぎ膝(鵞足炎)、腰痛症などがあります。

ゴルフ

接触やダッシュなどがない為、一見のんびりしたスポーツに見えますが、ゴルフは全身の筋肉を使う激しい運動の一つと言えます。また決められた側の筋肉や関節などを使うことで、アンバランスになりがちであるという特徴もあります。そういった面から障害が生じやすいスポーツです。また昼食時の飲酒後のラウンドなどではウォームアップ不足からくる障害も起こし易いと言えます。
さらに競技ゴルフ(プロ、アマともにですが)では同じ動作の繰り返しによるオーバーユースが故障の原因の一つとなっています。
主な故障としては肩の骨の衝突で起こる肩インピンジメント症候群、肋骨疲労骨折、腰痛、有鉤骨骨折などがあります。また、稀ではありますが硬いボールがぶつかることによる外傷もあります。

ラグビー

近年では、マウスピースなどの着用が義務づけられ、多少改善されたとはいえ、アメリカンフットボールのようなプロテクターを着けずに選手同士が激しく接触することが前提のスポーツです。スクラムやモールでの潰し合い、激しいタックルなどに耐えるような体作りをしますが、それでもハードコンタクトによる故障が多いことが特徴です。
受け身や衝撃の吸収など、怪我や障害を起こしにくい体の使い方を、トレーニングによって十分身につけることが重要です。
主な障害としては、頭頸部外傷による脳震盪・脊髄震盪、頚髄損傷、鎖骨骨折、肩関節脱臼、腰痛症、大腿部肉離れなどがあります。

ジョギング

健康や減量の為に気軽にはじめる人が多いのですが、走り方、走る場所がアスファルト、ハードトラック、未塗装道路など走る場所によっても体の負担が大きいのがジョギングです。またウォーミングアップ不足による故障などもありますので、正しい知識をもって正しい走り方を学ぶ必要があります。
生じやすい障害としては、ランナー膝(腸脛靱帯炎)、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)、大腿部の肉離れ、アキレス腱まわりの炎症、脛骨などの疲労骨折、足底筋膜炎などがあります。

リハビリ治療の流れ

1.診察

医師が問診や視診、触診などを行うほか、レントゲン、超音波検査など必要な検査も受けていただきます。それによって、故障の部位、程度、骨や関節、靭帯、神経の状態などを確認していきます。

2.リハビリ計画

医師の診察結果と連携して、理学療法士が現在の体の状況、動作能力などを評価します。それに基づいて患者さんの状態に最適なリハビリのプログラムをご提案します。

3.リハビリ開始

理学療法士の立てたプログラムに従ってリハビリを開始します。この時実際に無理がないかを再確認し、2回目以降のリハビリに備えます。

4.2回目以降のリハビリ

2回目以降は受付を済ませ、リハビリ開始となります。状態を見ながら復帰まで続けることになります。

TOPへ